2017年8月例会報告

2017年8月例会でプレイされたゲームです。

*江戸幕府の黄昏(GJ)
このところの対戦で、佐幕派の西日本重視(京と中国か
南海道をおさえ、九州は拮抗させる)作戦が、効果があ
ったので、倒幕派は長州と熊本を佐幕に政変で取られな
いように、介入度をあげ、政変を起こせないようにする
とともに、西日本の藩を積極的に抑えにでます。
佐幕派は方針を少し変えて、中国をあきらめ(広島のみ支配)
、中部・京・南海道完全・開港場をおさえ、九州は拮抗です
が4藩の支配(もしくは3藩+どちらも支配なし1藩)とす
る作戦にでます。序盤は佐幕派が中部と朝廷工作2回成功で
優位にたちますが、倒幕派も隙を突いて京で得点、吉田松蔭
登場・井伊大老登場・即桜田門外の変の後、3ターンに開国、
倒幕派が敬天を使い、宇和島を支配、土佐も支配で南海道と
中国で得点、高杉晋作も登場し、開港した横浜で優位(長崎は
佐幕派優位)にたち、朝廷工作も成功させ、押し切るかと思われ
ましたが、乙丑の獄で薩摩の倒幕影響度0・土佐勤皇党壊滅と
鯨海酔候で土佐が佐幕派支配、蛤御門の変で京が佐幕派優位に
、さらには天狗党を佐幕派が使い、倒幕派が水戸藩に武力行使
したところ成功してしまい横浜が閉港(倒幕派優位だった)、
結局、最終ターンまでもつれ、終了フェイズ開始時に倒幕派
+11で、最後の地域と町の得点計算に勝敗がかかります。
(以下全ての地域支配していない側は影響は持っています)
倒幕派は中国部分支配(最終ターンに完全を佐幕派が崩した)
の3点のみ、佐幕派は完全支配が南海道、部分支配が九州・
中部、優位が京都と長崎で計18点、差し引きで佐幕派に15
点プラスされ+4点で佐幕派の逆転勝利となりました。
edo

*群雄割拠 太平記verテスト版
前回の例会でのプレイヤーからの意見を元に
カードとルールが一部改定され、再度テスト
プレイが行われました。バランスはおおむね
とれて、細部の手直しで完成の予定です。
gunyuu

*Perikles(Warflog)
5人プレイ、第1ターンにスパルタ・アテネ
の戦場タイルが3枚ずつでますが、スパルタ
を支配したプレイヤーが防御しないで、アテネ
を攻撃したため(1箇所はプレイ崩壊を危惧した
アルゴスプレイヤーがスパルタを説得して防御)
、スパルタが2箇所焼けます。第2ターン、
戦場はまたもスパルタ・アテネが3枚ずつ、
当然前のターンにアテネで戦場タイルを2枚獲得
しているプレイヤーと実は戦場1枚と高得点の
コリントを支配のプレイヤーが結託して、
スパルタを壊滅させ2ターンで終了(スパルタか
アテネが壊滅するとそのターンで終了)させようと
しますが、新たにスパルタを支配したプレイヤーが
、アルゴスを連続支配してイベントを使ってテーベも
支配したプレイヤーと同盟を組み、さらにアテネ支配
のプレイヤーとの戦闘に勝ち、アテネが1箇所焼け
、最終ターンに進みます。戦場タイルは大国が1枚ずつ
(7枚ずつなので残りは当然1枚)で、コリント2枚
、他の小国1枚ずつという展開で、アルゴス支配・メガラ
とスパルタ支配・テーベとアテネ支配・コリント
支配プレイヤーとペルシャプレイヤーになります。
ペルシャは全力でコリントを攻撃、これをスパルタ
同盟支配プレイヤーが応援、他は自国防衛にまわります。
結局、コリントは1箇所ずつ勝敗を分け合い、燃えたのは
1箇所、支配の多かったプレイヤーが有利かと思われまし
たが、1ターンに戦場を獲得したプレイヤーが、その後
はキューブをためる戦略を行っていて、その分で勝利しました。
peric

*Atlantic Storm(AH)
今回は、比較的序盤から戦艦・空母が登場する展開、
しかし、やはり潜水艦戦を多く制したプレイヤーが
僅差(2点差)で勝利しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)