2017年9月例会報告

2017年9月例会でプレイされたゲームです。

*The Napoleonic Wars(GMT)
1ターン、フランスはダブー・ランヌ軍でオーストリア
侵攻、首都ウィーン陥落、外交でデンマークと同盟、
同盟国のスペインがリスボンを攻略し、ジブラルタル
を包囲。イギリスはイベリアでの活動ができなくなり、
スウェーデンと同盟し、ナポリに派兵しますが、フラン
スは皇帝自らナポリに急行し、占領、イギリスは大陸
での足がかりを失います。ようやく準備が整ったロシア
はクトゥーゾフ・コンスタンティン軍がウィーン近郊
に布陣、ターン終了時の降伏判定でオーストリアは降伏
せず、終了判定も終了せず。
2ターン、フランスは皇帝・マッセナ軍がカール大公軍
を撃破し、ヴェネツィアを占領、そのまま北上し、
ウィーン占領軍に合流、オーストリア・ロシア連合は
クトゥーゾフの指揮で、決戦を挑みやや劣勢であったも
の6の出目を多発、1度目は僅差の敗北で退却しますが、
2度目は僅差の勝利でウィーンを奪回します。
イギリスは同盟国のスウェーデンがデンマーク領ノルウェ
ーに侵攻、しかしイベントでフランスが同盟を破棄させ
、CPの少なかったイギリスはそのままスウェーデンを
失います。ここでイベントの泥濘がでて、陸軍の行軍
が難しくなり膠着、そしてアイルランド反乱が発生し、
イギリスは対処で手一杯、パリ市民反乱も発生し、
フランスも小休止し、ターン終了(判定も継続)。
3ターン、西地中海での海戦でイギリスが敗北し、
地中海方面の脅威がなくなったので、スペインのブレイ
ク軍がオーストリア方面へ援軍に向かい、パリの守りを
ウージューヌらに任せたスールト軍とともにオーストリ
ア南部を制圧、スールトはマッセナとともにそのまま進
軍し、ロシア侵攻、しかし、キエフでバグラチオンとの
戦いに敗北し、キエフ前面で膠着。フランス主力と墺・露
連合主力はにらみ合い、その隙にデンマーク軍が後方に
上陸し、リガを占領、米英戦争が発生し、イギリスは
終結に成功しますが、それ以上は活動できず。終了判定
はまたも継続。
4ターン、またも泥濘が発生し、陸軍の動きは鈍く、
フランスはもはや大量リードしているため冒険はせず、
パリ周辺の守りを固めるとともに、前線に兵を補充、
そして中立各国に外交攻勢、イギリスとせめぎあい
になりますが、カードの差で優勢に。
イギリスは海軍による、フランス側海軍の排除作戦を
行いますが、全てを除去には至らず、ロシアはなんとか
リガを奪還します。終了判定は継続。
5ターン、フランスはトルコとの同盟に成功、早速トルコ
軍はロシア南部に侵攻し、セヴァストポリを占領。オーストリア
は、再建したカール大公がブレイク軍を壊滅させ、一部
領土を回復しますがそこまで、オーストリア・ロシア連合
はこれ以上の作戦継続が難しく、イギリスは単独での、フ
ランス上陸が難しく、協議の結果プレイ終了で+9で
フランスの勝利となりました。
napw

*ワーテルローの戦い(国際通信社)
1ターン、フランス軍は前線のイギリス軍を第1・2軍団で
攻撃し、戦果をあげます。イギリス軍は砲撃と騎兵による
撹乱で、フランス軍に損害を与えます。
2ターン、フランス軍は親衛軍団と予備軍団を早くも投入、
プロイセン軍が、フランス策源に届く前の突破を狙います。
イギリス軍は、騎兵軍団で隙間を埋めます。
3ターン、親衛軍団が前線に到着、騎兵は左から突破を図り
ます。予備軍団がかわりにプロイセン軍への対処のため、
プロイセン登場方向へ布陣します。
4ターン、プロイセン軍が登場し進撃を開始、フランス軍は
イギリス軍を着実に破り、騎兵が突破へクスに迫ります。
5ターン、イニシアチブ判定で両者1を出し、フランスに
とっては痛い「疲労」イベントが発生、突破へクス前面で
本来ならDLとEXの結果がDRとCになってしまい、除去できた
はずのイギリス騎兵を取り逃がします。プロイセン軍は
フランス予備軍団を攻撃し、DRばかりで、策源に迫ります。
イギリス軍の騎兵で突破へクスに存在する1-4部隊が接敵して
いるフランス騎兵に-3で攻撃(マストアタック)して1~
3がでればAR(本来AL)で、フランスの勝利でしたが、出目は
5でC。
6ターン、イニシアチブ判定で連合軍が勝ち、先攻、プロイセン
の砲撃でフランス策源前面の部隊のZOCがなくなったため、
両軍とも策源、突破へクスに入ることが確実となり、その場合
連合軍の勝利となるため、フランス軍プレイヤーが投了、
連合軍の勝利となりました。
wart

*江戸幕府の黄昏(GJ)
1ターン、和親条約が出ますが、通商条約は出ず、
吉田松陰と将軍家茂が登場、倒幕派がイベント
主体だったため、佐幕派が薩摩を支配します。
また佐幕派は朝廷工作に成功します。
2ターン、先攻となった佐幕派は九州と南海道
の支配を固め、薩会同盟が成立します。
さらに長州に政変を仕掛け、支配しますが、
倒幕派もやりかえし、再び支配。
倒幕派は中国の支配と中部の支配に動き、
中国で得点(部分支配)。
3ターン、井伊大老登場、横浜開港、安政の大獄
が発生し、佐幕派やや有利な情勢になります。
生麦事件が発生、九州で佐幕派が得点(部分-
影響)、京で倒幕派、開港場で佐幕派が得点。
4ターン、修好通商条約が出て、次ターン開国
が決定、佐幕派は奥羽で得点(部分-影響)。
お互い朝廷工作に成功。
5ターン、開国、お互いの手札が相手のイベント
が多く、佐幕派が天狗党をイベント使用したところ
倒幕派が6を出して、またも横浜閉港、孝明帝崩御
と安政の勅許が発生。長州に高杉登場と諸隊創設
されますが、佐幕派は乙丑の獄で福岡藩を取り、
九州を完全支配にします、また南海道(完全-影響
)、中部(部分-影響)で得点、最後の将軍で慶喜
登場で京でも優位に立ちます。倒幕派は朝廷工作に
成功しますが、攘夷の点が佐幕派に入ります。
6ターン、九州と京の得点カードが佐幕派手札に
きたため、佐幕派得点が20を超え、佐幕派の
勝利となりました。
edob

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)