2018年1月例会報告

2018年1月例会でプレイされたゲームです。

*江戸幕府の黄昏(GJ)
1・2ターンは条約が出ず、倒幕派が九州得点(部分
-影響)、京得点と攘夷実行で長崎で得点のみの佐幕派
をリードします。
開国が遅れるかと思われましたが、3ターンに、和親・
修好通商の両条約が出て一気に開国、横浜も開港し、
情勢が変わります。
開国してからは、お互い相手のイベントが多く手札に
来たため、発動条件をめぐって長州藩の支配がめまぐ
るしく変化しますが最終的には佐幕派が支配を固め、
イベントを回避、開国してから就任した井伊大老も
桜田門外の変回避のため、最後の将軍で除去、両派が
拮抗していた九州・南海道も薩摩・土佐の支配を奪い
、優位にたち、得点も佐幕派プラスに転じます。
7ターンにようやく亀山社中が登場しましたが、最終
ターンに倒幕派プレイヤーが手札をみてもはや挽回は
不可能と判断し投了、佐幕派の勝利となりました。
edoba

*群雄割拠(国際通信社)
今川・大内・朝倉の順でプレイしたプレイヤー
が、全て上洛に成功し、上洛点だけで17点稼ぎ
大差勝ちしました。
gunnyuu

*Pacific Typhoon(GMT)
東京湾口に現れた戦艦アイオワを戦艦武蔵と霧島
が撃沈するという仮想戦記っぽい戦いが起きるなど
、高得点戦場がとびかう激戦になりましたが、戦場
を多く獲ったプレイヤーが1点差で勝利しました。
ja

*Atlantic Storm(AH)
こちらは船団が各プレイヤーに分散し、最終船団
を獲得したプレイヤーが22VPであきらめていたら
、他のプレイヤーも低得点で、その船団の分、逆転
勝利しました。(写真は船団が1巡した後、手札が
提督2人と潜水艦戦用カード・・・しかも40年艦艇が
3隻になりどう扱うか思案しているところ)
atst

*Supply Lines of the American Revolution(Hollandspiele)
題名のとうり、補給を繋ぐのが大変なアメリカ独立戦争のゲーム
、イギリス軍が攻勢に出たものの、拠点のボストンにアメリカ軍
がたび重なる反攻を行い勝利したようです。
dokuri

*Blood Before Richmond: Gaines’s Mill(Tiny Battle Publishing)
アメリカ南北戦争のGaine’s Millの戦いのゲームで、
ユニットと下に置くマーカーでステップ数を表すので、
高さで戦力がわかるそうです。
gainsm

*Baptism By Fire: The Battle of Kasserine(MMP)
BCSシリーズのゲームで、練習シナリオがプレイされて
いたようです。
kaser

*Perikles(Warflog)
perik

*犯人は踊るポーカー
tennte

*ギリギリカレー
kar

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)