2018年3月例会報告

2018年3月例会でプレイされたゲームです。

*オルグン攻囲戦(Revolution/国際通信社)
MJH側を2人が分担しての3人プレイ、MJH側は赤・
黄部族が道路沿いから、増援も来て3個になった
T-55がエリア15要塞方面へ進軍、緑部族も山伝い
にエリア38要塞を奪取しました。政府軍は敵兵
発見カードが2枚来たので、大佐部隊が山岳に
攻め入り緑部族を半壊させ、空爆で大損害を
与えた赤・黄連合に将軍部隊が突入し、半壊
させましたが、隙を突いた緑部族残党に脱走兵
を使われ、オルグンを占領されてしまいます。
しかし、MJHにオルグンゾーンの他のエリアを
占領する余力がなく、次ターンには将軍部隊が
取って返し、激戦の末、オルグンを取り返し
ました。そして6ターンにはMi-24が到着し、
オルグンに突入しようとしていた、赤・黄の
残存部隊を襲撃し、大損害を与え、将軍の
部隊が生き残りを一掃し、緑部族も大佐部隊
により壊滅していたため、エリア15を占領して
いたT-55以外のMJHユニットがいなくなり、
7ターン途中で政府軍の勝利となりました。
afg

*ロンメルアフリカ軍団(翔企画)
旧GJに掲載されたバランス調整ルールを用いて
の、両者とも20数年ぶりのプレイ、枢軸側は
当初内陸側から装甲師団を進撃させますが、
数次にわたる戦闘で15PZが損耗し断念し、海岸
道路沿いからの進撃に変更、アリエテ・トリエステ
の両イタリア師団がほぼ壊滅の犠牲と引き換えに
90師団が東端に突入しましたが、第2南アフリカ
師団に勝ったものの、損害を受けてしまい3戦力
を満たせず、21PZも英軍の抵抗で東端一歩手前
で停止、枢軸側は半壊した15PZをトブルク包囲
陣に投入していましたが、連合側はそこに70師団
と2個戦車師団の共同攻撃をしかけ、15PZとイタ
リア歩兵を全滅させトブルク解囲、共同攻撃の間に
西方突破へクスに1個師団が到達していたため、
連合軍の勝利となりました。
crus

**Baptism By Fire: The Battle of Kasserine(MMP)
bp

*群雄割拠(国際通信社)
織田・三好・長宗我部の順でプレイしたプレイヤー
(足利将軍付き)が、上洛作戦のプレイヤーを振り
切り、勝利しました。
gunnyuu

*Pacific Typhoon(GMT)
高得点戦場を獲っていたプレイヤーが中盤まで
リードしましたが、再戦カードが効いて、最終
戦場を獲得したプレイヤーが逆転勝利しました。
gyphho

*The Kaizer’s Pirates(GMT)
序盤から襲撃船と仮装巡洋艦が相打ちになるなど
して、皆が拮抗した争いになりましたが、最後の手
番で商船を切り込みで捕獲に成功したプレイヤーが
勝利しました。
hakai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)