2018年4月例会報告

2018年4月例会でプレイされたゲームです。

*The Lamps are Going Out: World War 1 (Compass)
4人プレイ、これまでの数回のプレイ経験で、ロシアが
史実よりかなり早く脱落することが多いため、工場
イベントに関してハウスルールを採用しての対戦。
1ターン、ドイツは順当にベルギーを占領し、2個軍
を新たに編成、英仏の反攻は効果なし、ロシアは
ケーニヒスベルグを占領、オーストリアはセルビア
を攻め、セルビア軍は2枚とも損耗状態に。
2ターン、ドイツはケーニヒスベルグ奪還に失敗、
オーストリアに生産ポイントを送りセルビア・ロシア
攻撃を依頼、そして技術開発で砲兵を得ます。
英仏の反攻は効果なし、しかもUボートにより生産
が2ポイント削られます。ロシアは攻勢を継続しますが
頓挫、オーストリアはイベントでスコダを引き、砲兵
が増え、しかもこのターンの砲兵の出目は6となり、
セルビアを占領、サロニカが開通する前にセルビア降伏
となります。さらにガリシアからブレスト=リトフスク
を攻撃し占領、ケーニヒスベルグも奪還します。
3ターン、ドイツは一時的にベルギーに軍を集め、ソンム
を出目もよく占領早速塹壕を作ります、フランスは時期尚
早と死守はせず。英仏の反撃はお互い損耗しただけ。ロシア
はハウスルールでイベントの工場を建てますが、戦線が広が
ったことと前ターンの損耗を修復しきれず早くも危機に。
オーストリアはミンスク・ウクライナを占領。
4ターンから、ドイツは東部戦線に力を入れバルト沿岸を進撃
、オーストリアも南からロシア両首都に迫ります。
ダーダネルス砲が登場とブルガリアも参戦し、バルカン・トルコ
戦線は安泰になります。
イタリアが参戦した西側協商国ですが、やはり国境沿いですぐに
独・墺連合軍に敗れ、やむなく英仏が北イタリアに増援を送る
羽目に。ロシアはドイツとオーストリアの猛攻にさらされ、
防戦一方。
1916年に入り、オーストリアがモスクワへの攻撃に成功、ロシア
は当然死守を試みますが失敗し、続けてのペトログラードへの
攻撃も成功し、両首都を占領されたロシアが降伏。この時点で
アメリカはまだ参戦まで半分くらい。
西部戦線の攻防はお互い膠着していましたが、少しずつ東部戦線
から独・墺軍が戻ってきたため、まずヴェルダンが陥落(死守
失敗)、そして北イタリアも一度は死守で耐えますが、2度目は
死守に失敗、同盟軍はアルプスも占領、パリが挟撃の危機に。
1917年初頭に協商側が挽回の余地がほぼないとして投了、
中央同盟側の勝利となりました。
clamps

*秀吉怒涛の天下統一!(GJ)
三日天下、秀吉側は定石どうりの動きでぎりぎり明智を
全滅させ、京を支配、序盤は大坂城建築や官位上昇
、滝川壊滅・毛利の四国攻め。反秀吉側は柴田・佐々
による近江侵攻と東国の大名参戦工作を行います。
中盤、一度は秀吉に敗れた柴田勢ですが、何度か
中立に戻された徳川の再参戦から近江・京への
攻撃にさらされた秀吉の圧力が弱まり、再編。
秀吉は上杉を参戦させ佐々を壊滅・信濃占領。
しかし、これから攻勢というところで毛利が中立
になり、手当てに追われます。
その隙に徳川・柴田が近江に侵攻し、丹羽らを撃破。
終盤、秀吉は美濃の信孝を壊滅させ、そのまま越前
侵攻、毛利が四国統一、反秀吉は伊達が越後占領、
島津が北上、結局最終ターンまでもつれ、あと1箇所
が足らずに秀吉側の勝利ならず、反秀吉側の勝利となりました。
hidey

*信長最大の危機(GJ)
2版ルールでの対戦、初手の織田方移動の目が1で、
信長が京に帰還するだけ、反織田は三好が茨木を
攻囲・朝倉が金ヶ崎を陥落させます。
2ターン、織田は六角を滅ぼし、三好を壊滅させ
、徳川が中立1つを調略。反織田は雑賀と一向宗
が松永を攻囲、朝倉が小谷に合流。
3・4ターンはすぐに終了。
5ターン織田は雑賀を攻めようとしましたが、行軍数
が足りず、ならばと諸将を引き連れ、小谷に攻め入り、
朝倉・浅井と決戦しますが、倍の損害を受けてしまい、
退却も攻撃を受け、全滅、信長は落ち延びましたが、
明智と佐久間が討ち死に、織田方が投了し、反織田
方の勝利となりました。
(写真撮り忘れ)

*Med Sirocco(Hexasim)
Atlantic Stormシステムで1940年~43年の地中海の戦い
を舞台にしたゲーム、上級ルールで選択ルールの戦場
を船団と同じ扱いにするを採用しての5人プレイ。
船団・戦場の数は上位3人が拮抗していましたが、
イタリア新鋭戦艦2隻の活躍などで高得点のカード
を獲得していたプレイヤーが勝利しました。
hexasmed

*Baptism By Fire: The Battle of Kasserine(MMP)
bpim

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)