2018年8月例会報告

2018年8月例会でプレイされたゲームです。

*The Napoleonic Wars(GMT)
第2版の4人プレイ、開始早々からフランスは
ダヴーとランヌの軍をオーストリアに侵攻させ
ます、オーストリアは一旦ウィーンを明け渡し、
ロシアの援軍を待ちます。
イギリスはリスボンに兵を増強しますが、スペイ
ンが攻めて勝ち、攻城戦に入ります。
フランスは海軍を出撃させますが、ことごとく
英艦隊に捕捉され、英仏海峡の制海権は奪えません。
イギリスはスウェーデンと同盟を締結し、本土と
ナポリに陸軍を増強。
クトゥーゾフの援軍がオーストリアに到着したのを
みたフランスは皇帝直卒軍を急行させます。
スペインが数次の攻囲の末にリスボンを陥落させます
が、ナポレオンがオーストリアに向かったのをみた
イギリスはムーア軍を上陸させ、スペイン軍を蹴散ら
し、リスボンを攻囲して、すぐに奪還します。
オーストリアではダヴー軍とクトゥーゾフ軍が衝突
しますが、ほぼ痛み分け、皇帝も到着し、にらみ合い
になります。イギリスはローマとバレンシア(強襲
上陸)を占領します。バレンシアはすぐ奪還されました
が、イタリア半島には陸軍を増強。
ターンエンドにフランスがウィーンとキーエリア2か所
をとっていたためオーストリアが降伏判定となりますが
降伏せず。終戦判定も継戦となります。
2ターン、フランスはデンマークと同盟、一度は露・墺
連合軍を皇帝・ダヴー軍で破りますが、再戦でロシア
の出目が爆発し、ウィーンを奪還されます。
イギリスはスウェーデンとともにノルウェーに侵攻、
デンマークも逆上陸しますが、スウェーデン軍が戦闘
に勝利。
フランス軍は連合軍と数次にわたり戦いますが、出目
が悪く攻めあぐねます。
それをみたイギリスはスペインをイベントで中立化
(フランスは熟慮の末、これを放置)し、ナポリに
登場させていたウェリントンの軍を地中海から、
イギリス本土に戻っていたムーア軍をオランダから
フランスに攻め込ませます。
この時点でカード枚数はイギリスが多く残しており
両軍によるパリ突入を目論見ますが、肝心のウェリントン
軍がパリ手前で出目が悪く将軍なしの部隊を殲滅できず、
ムーア軍単独で留守役のスールト軍と戦いますが、僅差で
敗北しパリ占領ならず。しかし、デンマークが降伏。
終戦判定は継戦。
3ターン、パリの危機にフランスは陸軍を増強するとともに
皇帝軍が戻り、ウェリントンと戦い辛勝し、パリの南を確保
、しかし、北部ではヒルの軍とスウェーデン軍がスールト軍
に一度負けますが、反攻で勝ち、ブリュッセル・ナッサウを
確保します。その間にロシアはクトゥーゾフ軍をイタリア方面
へまわし、マッセナ軍を打ち破り南部を占領しながらパリに
接近、オーストリア軍は失地を回復し、フランス国内へ侵攻。
ターンエンドに、協議の結果大勢は決したとなり、ここで終戦
、キー+4、資源3、中小同盟国1のイギリスの勝利となり
ました。イギリスの対外戦争カードが1枚も出なかったことが
明暗を分けました。

*群雄割拠(国際通信社)
序盤、上杉・今川・織田と上洛に成功したプレイヤー
がリードしましたが、関東に発展が出て、最終ターンに
関東と九州をおさえたプレイヤーが大量得点し、勝利
しました。

*Pacific Typhoon(GMT)
中盤から2人のプレイヤーが抜け出しトップ争い
の中、一方が再戦カードを引き、対抗者の戦場
を獲得、それが分かれ目となり再戦を引いた
プレイヤーが勝利しました。

*Atlantic Storm(AH)
途中まではみな大型艦を温存し、潜水艦戦と空戦
主体に戦いが推移しましたが、終盤は空母・戦艦が
登場、最終船団を獲得したプレイヤーが2点差で
逆転勝利しました。

*ダンジョンオブマンダムエイト

*ワインレーティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)