2019年4月例会報告

2019年4月例会でプレイされたゲームです。

*RICHARD Ⅲ(Columbia)
第一戦争期、ランカスター派は分散している部隊を
集結させるとともに、砲兵・民兵を招集します。
ヨーク派はカレーの主力をサセックス・ケントに
上陸させ、反逆者・砲兵・民兵を招集します。
ロンドンをめぐって、両派の大会戦が2回発生しま
したが、兵力数で上回るヨーク派に対し、国王自ら
の奮戦とオックスフォード伯の活躍で、ランカスター
派が勝利し、ヨーク派はマーチ伯とソールズベリー
伯が討ち取られ、ウォリック伯・ケント伯もサセックス
への追撃戦で討ち取られる大損害を被ります。
ウィルトシャーでも両派の大会戦が発生し、ランカス
ター派はデヴォン伯を討ち取られる痛手を被りました
が、ヨーク公直率軍は損害がかさみ撤退、防衛には
成功します。
北部はランカスター派の部隊が招集されて平穏状態で
戦役が終了し、ランカスター派が王位を保持します。
第二戦争期、ランカスター派は部隊を集結させるとと
もに砲兵・民兵を招集、ヨーク派はイースト・アングリア
に招集した部隊を集結させ、半減したカレーの軍勢と
ヨーク公の軍勢が南部に集結、ウィルトシャー・
エセックスなどで会戦が発生しましたが、お互い
決定打は与えられず、戦役が終了、ランカスター派
が王位を保持します。
第三戦争期、いつものように部隊を集結させた
ランカスター派に対し、後がないヨーク派はヨーク公
の軍がウェールズに侵攻し、ペンブルック伯の軍と
会戦、ハーバート卿が討ち取られますが、ヨーク公の
誘いでバッキンガム公が寝返り、ペンブルック伯は
なんとか逃げのびます。さらにイースト・アングリアの
軍とカレーの残党でロンドンをうかがいます。
しかし、ランカスター派はヨーク周辺の大軍を南下させ、
さらにウィルトシャーのサマセット公軍を増強したため、
ロンドン方面はランカスター派が優勢となり、そのまま
戦役が終了、ランカスター派が薔薇戦争に勝利し、ヘンリ
ー六世とマーガレット王妃の治世が続くこととなりました。

*群雄割拠(国際通信社)
織田等で3回上洛したプレイヤーが東海の発展もあり、
リードしましたが、足利将軍と関東管領を擁していた
プレイヤーが後半追い上げ、その分の点で逆転勝利
しました。

*Pacific Typhoon(GMT)
2戦行われ、1戦目は高得点戦場を獲得していったプレ
イヤーがそのまま押し切り勝利、2戦目は接戦となり、
戦場で優位だったプレイヤーの勝利かと思われましたが、
沈めていた艦艇の差が大きく、戦場は3番手のプレイヤー
が勝利しました。

*Atlantic Storm(AH)
僅差の接戦となり、戦艦を沈めていたプレイヤーが
勝利しました。

*突入レイテ湾(盆栽)

*スーパーヒーローVS悪の帝国(翔企画)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)