2019年5月例会報告

2019年5月例会でプレイされたゲームです。

*RICHARD Ⅲ(Columbia)
第一戦争期、ランカスター派はロンドンとウィルトシャーに
集結し、ヨークに部隊を招集します。
ヨーク派はヨーク公直卒軍がチェスターに上陸し、コベント
リーに進軍、カレーの主力はサセックスとイースト・アング
リアに上陸し、招集した部隊と合流します。
ランカスター派はロンドンを完全包囲される前に先手を打
とうと王自らの軍を先頭にコベントリーのヨーク公軍を強襲、
戦力Aの部隊による先制攻撃と戦力の優位を考慮しての決断で
したが、頼みのオックスフォード伯・砲兵隊の攻撃が全て外れ、
逆にヨーク側はヨーク公とアイルランド傭兵の攻撃が大当たり
し、オックスフォード伯が討ち取られ、退却時に国王は逃げの
びましたが、ボーモント子爵が討ち取られる大敗をランカスタ
ー派は喫します。
勢いづいたヨーク派は三方向からロンドンへ侵攻、ランカスタ
ー派も援軍を送りましたが、最初のラウンドでヘンリー六世は
ヨーク公に打撃を与える奮戦むなしく、ウィルトシャー伯とと
もに討ち取られ、ランカスター派は大打撃を受けます。
第一戦争期最後に発生した、サセックスでの戦いではランカ
スター派はサマセット公が活躍し、ヨーク公を討ち取る戦果を
あげます。
お互いのトップが討ち取られるという波乱の展開でしたが、
ヨーク派が王位を奪取し、マーチ伯がエドワード四世として
即位します。
第二戦争期、ヨーク派は自派部隊を招集し、ロンドン・ソール
ズベリー・ノリッジの3都市に集結します。
政権を失ったランカスター派はウェールズとヨークに集結する
とともに北部の部隊を招集します。北部唯一のヨーク派拠点東
ヨークのネヴィル家隊はこれを見て海上移動でノリッジに逃れま
す。ランカスター派が再編に専念したために大きな戦いは発生せ
ず、ヨーク派が王位を維持します。
第三戦争期、ヨーク派はロンドン・ノリッジ・コベントリー等に
集結し、防備を固めます。ランカスター派はロンドン奪還は難し
いと判断して、ヨーク派の票数を減らすためにコベントリーを
主力で総攻撃します、最初のラウンドでランカスター派はヨーク
派にそれなりの打撃を与えますが有力者の除去はできず、2ラウ
ンド目はヨーク派が傭兵をしんがりにして票を持つ部隊を退却さ
せることに成功、傭兵はほぼ壊滅しましたがランカスター派の目
論見は失敗します。そのまま戦役が終了、盤上の票を持つ部隊の
集計は同点でしたが、ロンドン保持でヨーク派が1上回り(同点
でも王位側の勝利ですが)、今回の薔薇戦争はヨーク派が勝利し、
エドワード四世が統治者として君臨することとなりました。

*官渡戦役(国際通信社)
曹操側は初期移動で程昱を乙吾まで下げ、張繍と合流させ蹂躙
されないようにします。
袁紹側は袁紹が汲に、淳于瓊が陰安に、顔良が陽平に移動しま
す。(戦闘前退却・迎撃は重要な局面のみ記述します、パスは
記述省略します)
第一ターン、袁紹側は淳于瓊が白馬の劉延を攻撃し、無傷で壊滅
させますが、劉延は負傷で落ち延びます。
曹操側は曹操自身が白馬の淳于瓊を強襲し、4損害を与え(自身
1損害)、淳于瓊は濮陽に退却します。
袁紹側は顔良が濮陽に入ります。曹操側は程昱が白馬に合流し
ます。袁紹側は劉備を参戦させます。袁紹側は劉備が汲へ移動
、鄴に張郃を配備します。
曹操側は2回連続で曹操が程昱を伴い移動、濮陽の淳于瓊・顔良軍
の補給を切り、戦力を半減させます。袁紹側の支配区域が1のため
士気が5に下がります。
第二ターン、袁紹側は張郃が陽平へ移動、曹操側は許に曹仁を配
備します。袁紹側は袁紹が渡河移動で延津に入ります。曹操側は
許に1戦力を徴募します。袁紹側は孫策の参戦値を2に上げます。
曹操側は孫策に外交しますが失敗します。袁紹側は文醜が汲に移
動します。曹操側は許の要塞レベルを2に上げます。
袁紹側の支配区域が1のため士気が4に下がります。
第三ターン、袁紹側は文醜が渡河し、于禁を攻撃しますが、お互
い1損害で文醜は退却。袁紹側は孫策に外交しますが失敗。袁紹側
は張郃が倉亭へ移動、曹操側は曹操が、張郃を攻撃します、
曹操は4損害を与え(自身1損害)、また張郃を討ち取ることに
成功、袁紹側の士気が3に曹操側の士気が5になります。袁紹側は
、淳于瓊が顔良を伴い延津へ移動します。
曹操側は曹操が程昱を連れて陽平へ移動します。曹操側は程昱が
2戦力を率いて騎兵移動、陰安から黎陽へ、ここで袁紹側は悩ん
だ末に(放置すると冀州の支配を失う可能性と本隊が補給切れに
なる可能性がある)唯一本拠に残った沮授を迎撃させ成功、
程昱は陰安に戻りますが鄴が空になります、しかし残った1枚が
戦略値3(本隊を動かす予定だったようです)のカードで沮授は
鄴に戻ります。
曹操側は曹操が程昱と合流します。袁紹側の支配区域が1のため
士気が2に下がります。
第四ターン、袁紹側は顔良が汲に戻ります。曹操側は張遼を乙吾
に配備します。袁紹側は孫策に外交し成功、孫策が参戦します。
曹操側は張遼を汝南に強行軍、一撃で壊滅しないようにします。
袁紹側は袁紹を動かす手札がなく、曹操が冀州を荒らすのを防げ
ないためここで投了、曹操側の勝利となりました。

*本能寺への道(GJ)
3人プレイ、初めは皆中立勢力の平定と軍勢の招集に注力します。
しかし、上杉と毛利が兵力を増やし、羽柴は毛利との戦いを始め
ますが、苦戦し他に手を出す余裕がなくなります。3ターンには
上杉が飛騨に侵攻していた柴田本隊を攻撃し、謙信の威力は
すさまじく、柴田勝家は討ち取られ脱落、羽柴も毛利を壊滅
させることができずにいるのを見て、イベントで兵力が少し減
った京を4ターンに明智が攻めて、あっさりと信長を討ち取り、
5ターンには播磨に侵攻し、これもあっさり占領、羽柴は毛利
に対する攻撃がまさかの全外れで動けず、5ターンに終了判定
で終了、明智光秀の天下となりました。

*群雄割拠(国際通信社)
2戦行われました、1戦目は織田等で上洛を3回したプレイヤ
ーと、九州中心で最後に三好で上洛したプレイヤーの接戦に
なり、後者が1点差で勝利しました。

2戦目は関東管領を持ち関東・東海に勢力を伸ばしたプレイ
ヤーと上洛2回に最後に九州を支配し、南蛮貿易を持った
プレイヤーの争いとなりましたが、後者が勝利しました。

*Atlantic Storm(AH)
船団を順調に獲得したプレイヤーと艦艇を沈めた
プレイヤーで接戦となり、前者が僅差で勝利しました。

*Pacific Typhoon(GMT)
高得点の戦場を獲得していったプレイヤーが
リードしましたが、後半に再戦カードで、
そのプレイヤーから戦場を奪ったプレイヤーが
逆転勝ちしました。

*Lincoln (PSC Games)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)