2019年7月例会報告

2019年7月例会でプレイされたゲームです。

*Britannia(AH)
ローマ軍が去った直後から始まり、クヌート登場の前
までのショートゲームがプレイされました。
サクソンの大侵攻で早々とジュートが滅亡、イングラン
ド南部はサクソン、中部はアングルが領土を広げます。
7ターン、山岳地に集結していたロマノブリティッシュ
がアーサー王の増援を得て、サクソンのリーダー・
ヘンギストを3ユニットとともに討ち取る大戦果を
あげます。アングル人は大侵攻でスコットランド南部
まで拡大し、ブリガンテスを従属させます。このターン
もう1つの大侵攻のはずのスコットは山岳地に苦戦し、
ピクトから2エリアを奪うのがやっと、得点ターン
でしたが、ほぼ差は付いていません。
8ターンは中央の山地のロマノブリティッシュをアングル
が掃討、9ターンは南部に残ったロマノブリティッシュが
サクソン領に突撃し、相打ちで得点を稼いで滅亡。
空いた山岳にはウェールズが進出します。
10ターン、得点ターンのため、各地で小競り合いが発生
しますがそう勢力図は変わらず、アングル主体のプレイヤ
ーが少しリードします。
11ターン、ノースマンの大侵攻はオークニー諸島の戦い
でカレドニアに苦戦、占領はしたものの、それ以上の
侵攻ができなくなります。初登場のデーンはこのターンは
襲撃のみですが、損失なしで4ユニットを撃破する最高の
結果。
12ターン、大侵攻のデーンはヨークを中心に大きく領地を
広げ、大量得点(デーンはこのターン、獲った分領土得点)、
、ノースマンはカンブリアに上陸し、イングランドに足掛か
りを作ります。
13ターン、最終&得点ターン、ダブリナーが大侵攻で、ヨ
ークまで占領、デーンは少し領土を減らし、キングの条件
は満たせず、序盤アーサー王がヘンギストを撃破し、
ウェールズが安定し、デーンが終盤に稼いだプレイヤーB
が勝利しました。

*群雄割拠(国際通信社)
1枚目の大名が長曾我部で、その後に有力大名が続いたため
天命チットが多く乗った状態で残りましたが、3巡目にとった
プレイヤーが、天命チットの分で逆転勝利しました。

*Pacific Typhoon(GMT)
高得点戦場を序盤から獲得していったプレイヤーが独走
で圧勝しました。

*Atlantic Storm(AH)
こちらは終盤まで拮抗した展開で、1位と2位の差が2点差
でした。

*スーパーヒーローVS悪の帝国(翔企画)

*ラマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)