2019年8月例会報告

2019年8月例会でプレイされたゲームです。

*第三帝国の盛衰(GJ)
1ターン、枢軸軍はワルシャワ・ベルギーを占領し、
ポーランド降伏、イタリア参戦、フランス本国
エリアに足止めも兼ねて独・伊部隊が侵入。
連合軍はカード無なので、仏空軍がパリに移動
する(枢軸の侵入前に)も、独空軍の航空攻撃に
より除去。
2ターン、独装甲の攻撃でパリが陥落し、ヴィシー
フランスが成立。独がノルウェー・オランダ、伊が
ユーゴスラビアを占領、ルーマニア参戦。
連合軍はエジプトに機甲を送り、リビアに侵攻す
るも攻撃が空振りに終わる。米・ソ参戦段階上昇。
3ターン、枢軸軍は独・伊の混成部隊がギリシャを
占領、さらにトルコに侵攻し、アンカラまで占領
、ハンガリー参戦、Uボートを生産し、中部大西洋へ
移動、チュニジア経由でリビアに援軍。
連合軍はシリアに侵攻するも攻撃がまたも空振り、
リビアも占領に失敗。米・ソ参戦段階上昇。
4ターン、枢軸軍は中部大西洋で通商破壊、1ヒット
で連合軍手札を1枚捨てさせる、装甲部隊を二手に分け
ソ連(連合軍手番で参戦した)とシリアに進撃、
シリアで英機甲部隊と決戦し、勝利しエジプトに
侵入、しかしソ連方面では攻撃が思うようにいかず
キエフ・スターリングラード(トルコから侵入)
ともに陥落せず。
連合軍はソ連参戦・米参戦段階上昇、そしてソ連は
部隊を動員し防備を固め、イギリスはエジプトに部隊
を集中し、独装甲に攻撃も叩き出せず。
5ターン、手札数が連合軍が上回ったため先攻となる。
エジプトで反攻し一度は成果を上げるが独空軍の
航空攻撃で英機甲が損耗し両軍混戦のまま、中部大西洋
のUボートを攻撃するも成果なし、ソ連はレニングラード
・スターリングラードの防備を固める。米参戦段階上昇。
枢軸軍はソ連方面は攻撃が順調で、キエフ・ミンスクを
占領、ハリコフもあと一歩、さらにUボートを生産し、
中部大西洋へ移動。
6ターン、連合軍先攻、アメリカが参戦、米軍が動員
され始める、しかし、枢軸軍1手番目の中部大西洋での
通商破壊が4ユニットとも全て成功、連合軍先攻だった
ためランダムに手札を捨てたところ、補給カードが全て
捨てられるという痛撃。
枢軸軍はこの好機に陥落寸前だったハリコフをまず占領、
そしてエジプトは英機甲に1回攻撃はされ損害がでるも
補給後に航空攻撃と電撃戦で占領し策源数10(1がベルリン
・ルール・ローマ・ルーマニア・ワルシャワ・パリ・キエフ
・エジプト、0.5がノルウェー・ユーゴ・アンカラ・ハリコフ)
に到達、さらに補給で表に戻ったUボートが中部大西洋の英艦隊
を撃滅し、地中海方面への連絡を遮断。
ここで連合軍が補給カードがないために策源の奪還が
難しいとして投了、枢軸軍の戦略的勝利となりました。

*群雄割拠(国際通信社)
織田・大友などで得点を稼いだプレイヤーが上洛点
も稼ぎ勝利しました。

*Pacific Typhoon(GMT)
高得点の戦場を序盤から獲得していったプレイヤー
が2位にダブルスコアを付け、完勝しました。

*Med Sirocco(Hexasim)
プレイ中に伊戦艦2隻と英戦艦4隻とカニンガム提督が
手札に来るという引きのよかったプレイヤーが勝利
しました。

*Atlantic Storm(AH)
接戦で、最終船団までもつれましたが、その船団が
40年のもので、初めは潜水艦戦で同点で継戦となり
、2戦目が航空戦でまた同点で継戦、3戦目も航空戦
で誰もカードを出せず、船団と戦利品が全て捨て札
となり終了、トップのプレイヤーが2点差で逃げきり
ました。
(写真忘れ)

*突入レイテ湾(a-game)
序盤は順調に進撃していた各プレイヤーですが
進撃できないイベントの期間が長く、最後に
イベントが変わってタイミングよく長海里の
カードを出したプレイヤーが勝利しました。

*スーパーヒーローVS悪の帝国(翔企画)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)