2012年1月例会報告

2012年1月例会でプレイされたゲームです。

*THE RHINELAND WAR,1936-1937(DG)
1936年のドイツ軍ラインラント進駐がきっかけとなって、WW2が
勃発したらというゲームです。
開始早々からドイツ軍のフランス侵攻は頓挫しますが、チットの
引きがよく、ユーゴスラビア・ギリシャ・ポーランドが枢軸側に
たって参戦しました。劣勢の連合軍は挽回を狙ってベルギー、
ギリシャに進攻し、2国を降伏させます。さらにオランダも占領
した連合軍でしたが、新たにルーマニア・ハンガリー・オーストリ
アが枢軸軍に参加し枢軸軍が優位に立ちます。ここでようやく
チェコが連合側で参戦しますが、ポーランドがチェコに侵攻、
しかし枢軸の拡大に危機を感じたか、ソ連が連合軍に参加し、
ポーランド・ルーマニアに進攻、残り3ターンになってようやく
イギリスが連合軍に参加、イタリアは枢軸に参加します。残り
2ターンのところで赤軍大粛清が発生し、ソ連軍が消え去り、
連合軍がピンチと思われましたが、ドイツ・ポーランド・オース
トリアがチェコに敗退し、フランス・イギリスはイタリアを席巻。
連合軍最終ターンの攻撃で、イタリアが降伏し、ラインラント
・ウィーンを占領、30点差で連合軍の辛勝となりました。

*Alexander the Great(AH)
アレクサンダー大王がピンチの場面もあったようですが、戦線が
膠着していました。

*Funkenschlag 電力会社

*Auf Achse

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)